アンリミテッドアフィリエイトNEOで稼げないのはなぜか!本質的な理由3つ

目安時間:約 8分

稼げない

アンリミテッドアフィリエイトNEOは稼げない!というブログやコメントをよく見る気がします。

 

  • アンリミテッドアフィリエイトは作業量が多い
  • 発売から何年も経っていてアンリミ手法は古い
  • 毎日コツコツとブログ更新をしているけど1本も売れません・・・

 

などなど、いろいろなご意見を目にするのですが、今回はもっと本質的な部分に触れて、「なんで頑張っているのにアンリミテッドアフィリエイトで稼げないのか」の根本的な理由と打開策を語っていきます。

 

ちなみに「作業量が多すぎる!」という指摘についてですが、逆に作業量が少なくても稼げちゃうノウハウは危ないニオイがしますので避けたほうが賢明です。

アンリミは「稼ぐ仕組み」を作るためのアフィリエイトマニュアルなので、仕組みを作り上げるまで(大体3ヶ月から半年)は作業量多しですが、それ以降はガツンと作業量を減らしても収入のペースは変わりません。あまり好きな言葉ではないですが「ほったらかし」が可能です。

 

それと「手法が古い」というのはビジネスにおいて問題ありません。古いから廃れるのであれば、大手スーパーなんかも軒並み潰れるはずです。「モノを売る・買う」というのは昔も今も変わらない論理や心理があって、根本的なところは変わりませんからね。ま、昔流行ったコメント回りとかは無理にやらなくてもイイとは思いますが・・・

 

さて、本題です。なんで頑張っているのにアンリミテッドアフィリエイトで稼げないのか??

 

アンリミテッドアフィリエイトNEOで稼げない根本的な理由3つ

 

一言で言うと、アンリミテッドアフィリエイトNEOの教えを正しく実践できていないということです。

アンリミ第3章「ブログ戦略編」のP.31にブログ設計図が出ています。これをまずはよく考えてから毎日のブログ更新をするべきなんですが、ここをすっ飛ばしていきなり記事作成に入っていませんか??

そのうち大きな3つを挙げていきますね。

 

1.ターゲットがぼやけている

 

アンリミテッドアフィリエイトNEOはブログ・メルマガで情報発信を重ねていく手法ですが、「誰に」情報発信をしていくのかというターゲット設定がぼやけているブログがとても多いです。

このブログ設計図の中でも大切なのが「ターゲティング」です。加えて、精度の高いターゲット設定をするには、その前の「悩みの炙り出し」も必須です。

なので、悩みの炙り出し⇒ターゲティングのページ(P.35~45)を今一度しっかり読みこんで、

参入するテーマにはどんな悩みを持った人が多いのか?
その中で、どんな人にどういう切り口で情報発信をしていくのか??

を決めていきましょう。

既にブログ記事を何十記事も書いてしまっていても大丈夫です。ここから先の記事の切り口が尖がっていけばターゲットに刺さりますから・・・

 

2.正しく、「レビュー」できていますか??

 

アンリミテッドアフィリエイトNEOは「商品レビュー」を重ねていくノウハウです。そこに比較の要素を加えます。

詳細なレビュー、読者も気付かなかったような「あらゆる観点・切り口からのレビュー」をすることによって、読者にとっての有益な情報を発信するわけですね。

アンリミ第3章「ブログ戦略編」のP.170~にレビューの書き方が載っています。ココ、かなり大事です。特に「各論」と言われているP.173からのところですね。赤字で書いてある部分はさらに重要です。

「あらゆる観点・切り口からのレビュー」を重ねることでブログの専門性が高まり、信頼してもらえるようになります。単に実績があるとか、報酬画像を載せないと稼げないとか、そういう話ではないのですね。

こういったレビューなしに、ただ表面的に

 

・ダメダメ商材
・まあまあ商材
・オススメ商材

みたいに総合的なレビュー記事を分類していくだけでは信頼性も高まりませんし、それが「アンリミ手法だ」というのでもないです。

 

3.初心者なのにアフィリエイト教材をアフィリエイトするのはハードル高し

 

これだけノウハウコレクターが多い時代ですから、アンリミしか持っていないという人は少ないと思うのですが、アンリミが素晴らしすぎると感じるからか、初心者なのにアンリミをイチオシするブログを作ったりします。

でも、先ほどの『2.正しく、「レビュー」できていますか??』で書いたように、アンリミの本質的なノウハウは「あらゆる観点・切り口からのレビュー」です。

初心者なのにアンリミ(または他のアフィリエイト教材)を多角的に分析してレビューするのって難しいですよね。結構、経験値のいることです。初心者レベルだとせいぜい表面的なことしか書けなくて、「どこかで見たな」と読者が感じてしまうんです。

だから、ブログの信頼性が高まらない⇒ファンができない⇒毎日更新しているけど報酬は発生しない
という初心者ループに陥ってしまいます。

多角的にレビューできるくらいその分野について詳しく知ってから記事を書かないとね、という話です。(ここがアンリミ第3章「ブログ戦略編」P.31の設計図にある、「情報収集」ですね。)

例えば、アンリミのテーマは「情報商材アフィリエイト教材」ですから(情報商材以外もアフィリできますが)、アンリミを押すなら情報商材アフィリエイトについて詳しくならないといけません。

「ルレア」なら、楽天アフィリエイトの苦悩とか、独自ASPの承認率の悪さとか、最低限それくらいは知っていないと読者に刺さる記事を書くのは厳しいです。

「賢威」を紹介したいなら、それなりにSEOに詳しい人と呑みの席で語れるくらいにはならないと、説得力は出ません。

「んなの無理だ―」と思ったら、設計図を一つ前に戻して、参入テーマから見直しましょう。

ちなみに、「実績がないから情報商材はアフィリエイトできない」というわけじゃないです。今日のテーマからは外れますので詳しくは書きませんが、実績なしでも情報商材はアフィリエイトできます。いくらか工夫は必要ですけども。

 

■今日の記事をまとめてみる

 

アンリミテッドアフィリエイトNEOで稼げないのは、作業量が多いとか発売から10年くらい経っているからとか、そういう中身のない理由ではないです。

もっと根本的な部分、アンリミのノウハウを当てはめられていないのが稼げない原因で、その多くはアンリミ第3章「ブログ戦略編」のブログ設計図の見直しで解決します。

シンプルに書くと数十文字で表わせてしまうものですね。


この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

ページの先頭へ