良質な記事を書くには、良質な記事を読むことが大切

目安時間:約 6分

ライティング

他のアフィリエイターさんのブログを見ていて、『自分もこんな記事が書けたらいいな~』『こんな深い記事ってどうやったら書けるんだろう??』と思うことはないでしょうか?

 

“良質”な記事を書ければそれだけファンも付きやすいですし、ブログからのメルマガ読者集めやアフィリエイトの成約もしやすいです。また、「自分は良質な情報発信をしているアフィリエイターだ」という自信も持てます。これは案外大切です。自分で自分を褒められないと続きませんのでね。

 

じゃあ、どうやったら良質な記事を書けるのさ?というお話です。

 

そもそも良質な記事ってどういう記事か?を簡単に定義。

「良質な記事」を簡単に定義してみますと、

 

  • 表現力が豊かである
  • 切り口が多様である
  • 内容が深い、濃い
  • 長くても読みやすくわかりやすい

こんな感じですね。もっとあるかもしれないけど。

こういう記事を書けるライティングテクニックを身につけたいですね。

 

良質な記事を書く前に、良質な記事にたくさん触れる

ライティングスキルを向上させる手っ取り早い方法は、良質な記事に多く触れることです。さっき列挙した点が含まれているブログを見つけて、ザックリと読んでみる。そうすると、その人特有の表現の仕方とか言葉のリズム、物事の捉え方とかがわかってきます。

 

  • 稼ぐノウハウが満載のブログ
  • ワードプレスのプラグインの設定方法が学べるブログ
  • 情報商材を批判しまくるレビューブログ

こういうのを読むのも良いですが、ライティングスキルという観点だとちょっと物足りないですね。

 

  • つい「なるほどなー」と言ってしまう説得力のあるブログ
  • パッとひらめきが思い浮かぶような気付きのあるブログ
  • 「ボクも記事を書くぞ!」とモチベーションが上がるブログ

こういうブログを見つけて、ブックマークです。

 

別にアフィリエイトブログでなくても良いですね。最近流行りの、アドセンスを主な収入源にしているシンプルテンプレートを使ったブロガーさんの記事なんかも良さげなものがあります。

 

ちなみに、この観点から言うとヤフーニュースの記事は今一つです。「内容が薄い」「誰でも書ける」「結局何が言いたいんだ!」ってヤフコメでも叩かれまくってますよね。

 

なので暇つぶしにネットサーフィンをするときも、ライティングスキルの高い人のブログを読むことをお勧めします。自然と良質な記事を書けるスキルがインストールされます。

 

やがては自分がブックマークされるように

どんなブログやサイトが良質な記事を書いているか、ここでは紹介しません。他のブログにアクセスが流れてしまうと困るので(笑)

 

というより、ライティングの好みや目指すキャラクター設定はそれぞれ違うので、私が良いと思うブログを教えることによって、「これが正解だ」と押し付けるようなことはしたくないからです。むしろ、自分が「お、この人の記事は読みやすいぞ」「自分もこうなりたい!」と感じるものをモデリングするのが一番です。

 

そして目指すところは、アナタのブログがそのように他の人から思ってもらえて、ブックマークされるようになることです。これ見よがしに報酬画像を貼り付けてゴリゴリなブランディングをするより、ずっと自然な形でファンが増えますからね。

 

結局のところ「報酬実績」「アクセス数」「メルマガ読者数」というのは、自分の外側でしかありません。スゴイとは思ってもらえても、好かれることはないです。そして、これらの数字は比較的容易に作れますし、最悪偽造している可能性もあります。

 

しかし「表現の豊かさ」「誰も気づかない独自の切り口」「続きが読みたくなる内容の深さ」といった良質な記事は、自分の内側を表わします。それを感じ取った時に、読者は感動や安心を覚えて、『私が求めていたのはこれだ』になります。

 

あ、ちょっと話がズレ出しましたのでここまでにして、まとめますね。

 

今日の記事をまとめてみる

  • 良質な記事を書くためのライティングスキルは、良質な記事を多く読むことによって身につく
  • なので、自分が普段どのようなメディアに触れているかにも注意してみる。
  • 自分の「内側」から良質な記事が出た時に、読者はファンになる。

 

 

 


この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

ページの先頭へ